19歳 soma 〜ITエンジニアまでの道のり〜

僕がエンジニアになるまでの道のりを記していきます。これからitエンジニアを目指していく人たちの参考になれば嬉しいなと思います。

基本情報国家試験を受ける人へ

 

f:id:somadesu:20191013102714p:image

 

こんにちは^ ^

 

 

僕は基本情報国家試験までの期間、合格に向けてit系の専門学校で1日約5時間対策をしていました。

 

そのために、たくさんの過去問と模試を解くわけなのですが、そんな中で僕が問題に対して色々感じたことがあります。

 

 

今回はそれらについてお話ししたいと思います(^^)/

 

 

 

1.正直、午後試験もそんなに時間制限は厳しくない。あらかじめ時間を設定しておくべき。

 

 

試験を解くに当たってもちろん時間が決まっており、午前試験、午後試験共に150分です。

 

よく基本情報国家試験は午前試験は時間が余裕だけど午後は急がないと間に合わないという意見を耳にします。

 

でも正直解いてみるとそこまで厳しい時間条件ではないように感じました。

 

 

もちろん問題の難易度によっては時間が多少かかってしまうものもありますが、

 

試験前から大問1には何分、選択問題には何分、というようにあらかじめ時間を設定しておけばそんなに焦るほどのことではないと思います。

 

僕のおすすめは

 

大問1(セキュリティ)   20分

 

選択問題4問(データベース、ネットワーク等)  20分ずつ

 

大問8(アルゴリズム)   25分

 

選択問題(JavaC言語等)   25分

 

この中で、少し早めに出来た問題の余り時間は最後の見直しに使う。

 

 

 

みたいな感じですかね。こうやって決めておくとそこまで時間は厳しくありません。

 

時間を決めずに闇雲に手をつけるから最後が大変になっちゃうんです(^^;

 

 

 

2.基本情報の特徴的に最後の大問から解いた方が点が上がりやすい。

 

これはぜひ試してみてほしいのですが、

 

最後の大問から解いたほうが点が出やすい場合もあります。

 

これには基本情報国家試験ならではの理由があります。

 

とにかく最後のアルゴリズムと言語問題の配点が半端なく高い( ˙-˙ )

 

現在の基本情報国家試験ではその2つの大問で40点を占めます。

2020年春の基本情報からはさらにその2つの配点が上がるのだとか、、、

 

 

 

 

そして、解いてみると分かるのですが、かなり疲れます。

そんな疲れてきたところに難関のアルゴリズムと言語問題が出てくるのです。しんどい、、、。

 

 

なかなか点が上がらないという人は試験が始まったばかりの元気なうちに配点が高い最後の大問2つを先に終わらせるというのも手ではないでしょうか✌︎('ω'✌︎ )

 

 

 

最後に

 

基本情報国家試験はitエンジニアを目指す人にとって、最初の試練ですよね。

全体の合格率も50%を切っており、決して簡単な試験ではありません。

 

自分の苦手な部分をしっかり把握し、十分な対策をして万全の対策の上で望みましょう。

 

必ず合格できるはずです٩( ᐛ )و

 

初心者がJavaのあらゆる参考書、記事で感じること

 

こんにちは^ ^

 

突然ですが、僕が4月から必死にJavaを勉強していて最初の方にすごく感じたことがあります。

 

これは勉強し始めたばかりの時は誰もが感じるのではないのでしょうか。

 

なんで参考書やJavaの解説記事は、そんなに小難しく表現したがる?( ˙-˙ )

 

今となっては基本情報の勉強をしていて、難しい説明をされてもわかるようになりましたが、

最初の方にあの説明の仕方はないだろ、、、

 

専門用語を入れまくりで難しい言い回し方をして、、、、

 

そんな記事や参考書ばかりでした。

 

そりゃ分かってる人はその表現で通じるかもしれないけど、Javaさん初めましての人がそんなの理解できるわけがないでしょ笑

 

例えば、説明の中に投げるってあるけど「投げる」ってなに?どこに?なにを?

 

そりゃ例外を理解し終わってる人には分かるけど、初心者からすると、その投げるっていう概念すら分かりにくい。

 

「凄いのは分かったからカッコつけて説明するより、もっと初心者に分かりやすく教えてくれ💢」

 

勉強し始めの時はこんな気持ちでいっぱいでした。

 

それもそんな記事が混ざってるとかいう次元じゃなくて、9割がそんな感じですからね、、、。

 

 

でも理解してみると確かに、それ以外の言葉で表現するのも難しいんですよね。

なかなか困った問題です(。-∀-)

 

でもそんな状況だからこそ、手間暇かけて初心者にも分かりやすく書いてくれてる記事は

価値が高く、みんながその記事に集まってくると思います。

 

自分も、もう少し理解を深めて初心者向けに分かりやすい小学生でも理解できるような記事を書けるようになりたいなあ(´-`).。oO

自分みたいな経験をする人がもう出ないように笑笑

 

 

なんか愚痴ばっかり書いた気がするけど、そんな感じで最初はほんとにしんどいですよね笑

 

めげずに食らいついて、頑張りましょう!!

 

以上、僕の愚痴でした✋

 

 

 

僕がitエンジニアを目指してる理由

こんにちは^ ^

 

僕は現在19歳のIT系専門学校の1年生です。

 

まず最初に僕がなぜいまitエンジニアを目指しているのか、そのきっかけについてお話させて頂こうと思います。

 

その答えはほんとにシンプルです。それは高校2年生のときに、ふと思った

 

 

 

IT社長になりたい!!!という突然の思いつきからです笑

 

なぜそれを思ったのかというと

僕が高校2年生だった当時、芸能界の多くの女優さんに熱愛報道が流れました。そしてその多くのお相手の職業こそがIT社長でした。(月に行くって言っている人等)

 

IT社長?なにそれ?コンピュータ系の仕事?それぐらいの認識でした。

 

ただ、その大物女優さん達と次々に付き合ってお金をいっぱい持ってるその得体の知れないカッコ良い存在にものすごく魅力を感じました。

 

「よし。俺はIT系の社長になってやる。

 

じゃあ、まず自分は何をすればいいだろうか、、、

 

よし!とりあえずその業界について詳しく知りたいし、まずは勉強しまくってエンジニアになって、その世界に入ってみよう!」

 

ここから僕のエンジニアへの道が始まりました。

 

高校を卒業し、僕はバリバリの文系で勉強自体はそんなに苦手ではなかったので、そこそこ全国でも有名な大学も目指せたのですが、それを諦めIT系の専門学校に入りました。

 

一刻もはやくその世界について知識を身につけ、エンジニアになりたかったので二年制のコースにしました。

 

4月から授業が始まり、

 

Java、HTML CSSアルゴリズム、セキュリティ、ネットワーク、ハードウェア、ソフトウェア、、、等多くのことを学び始めました。

 

複雑なところも多く正直難しい箇所も多々ありました。しかし、モチベーションは高かったので、それすらも楽しんでいました。

 

そこから、いくつかのit系の資格を取り

あれこれやってるうちに、もういまは10月です。あと2週間後に基本情報者技術者試験が迫っています。

 

必ず受からないと、、、。

 

 

まぁ、そんなわけで、これから僕の一人前のエンジニアになるまでの道のりを細かく記していきますので

 

みなさん、お暇な時でもぜひ覗いてみて下さい😊